スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真を撮るということ

先日、ある大規模な写真展に行ってきました。

500以上のブース、ひとりひとりの写真家が、4.5枚の写真を飾ってあり、それぞれにフォトブックなどが置いてありました。

わたしは、大好きな写真家、イケダ サトルさんIkeda Satoru Photo Siteの写真を見に行ったのです。

入り口を入って、見たこともない数の写真に、圧倒されました。

でも、すぐに、イケダ サトルさんの写真が目につきました。光ってた。

ご本人にお会いできて、握手までしていただきました。あ、このお人柄で、この写真なんだ、と。
あったかかった。

すべてのブースの写真を見ました。

それぞれに、迫力があり、魅力があり・・・

見終えて、わたしは、会場の外で、泣いたのです。

今まで、このブログでも、たくさんの写真をのせてきて、でも、わたしの「写真」って、いったいなんだったんだろう。

写真を撮ることなんて、簡単だ。シャッターを押す、それだけ。

でも、なんらかの動機があるはずだ。

「自分が感じたことを、伝えたい」「誰かに、その一瞬を伝えたい」・・

真を、写す。

自分が、「写真を撮ることが好き」であることは変わりないけれど、もう、ひとにそう言うことはできない気がします。
そして、自分が撮った写真を、誰かに見てもらうことも。

ずっと悩んでいて、苦しい。

何年も何年も、好きだったこと。

「記録を残す」ことはできる。

でも、それだけでは・・・

しばらくは、息子の写真以外、撮らない、撮れないでしょう。
息子は、私にだけ、見せてくれる笑顔があり、日常があり、一瞬がある。
それを、残して、大事にしたい。

だけど、そらや花、印象に残った風景。
わたし以外の、誰に興味があるのか。

前に一回、写真が撮れなくなったことがある。

入院時代に親しく、とても親しくしていた友人が、自死したときだ。

カメラを手にすることなんて、思いもつかなかった。

今も、そういう気持ち。
喪失感。

けれど、鬱による、短期記憶障害がある私は、写真、という形で、思い出せることも多い。
こうして、文章にしておかないと、とめどなくすべてが流れて行ってしまう。

そして、こうやって書いている文章も、まったく文才などないのだ。

いったい、わたしは、なにをしているのか。

今まで、なにをしてきたのか。

自問自答を重ねる。こたえは、でない。

コメント

No title

こんばんは。
御苗場見に来て下さって本当にありがとうございました!
バタバタしててゆっくりお話出来なかったのが本当に残念です。
でも、お会いできて本当に嬉しかったです^^

お土産も本当にありがとうございました。
風音さんの話をしながら嫁と食べました。
赤ちゃんの栄養になっていることでしょう!

写真について。
最近気付いたんですが、自分は誰かに伝える為よりも
自分が「生きている」証として、実感として撮っている事が多いです。

風音さんしか撮れない息子さんの顔
風音さんが生きているからこそ感じる瞬間

誰かに興味を持たれる事よりも、褒められる写真よりも
そっちの方がずっと大事で素晴らしいです。

俺の大好きなアラーキーも言ってました
「どんな写真家が撮った写真も、お母さんが作った子供のアルバムには勝てない」
本当にその通りだと思います。


なんか偉そうな事書いた上に長文で申し訳ないです・・笑
でも、自分もスランプ気味だったのが書いてすっきりしました。

あ、それと1歳のお誕生日おめでとうございます!

No title

サトルさま

先日はありがとうございました!
こちらこそ、お会いできてうれしかったです。
コメント気づかずにごめんなさい。

「生きてる証」、生きてる証・・

そうですね、いまのわたしには、生きてる証は、この子しかいません。

ずっと、あとになって、この子が大きくなってから
「こんな顔してたこともあった」
と見せることができたなら・・

うん、私は、なにがしたかったのでしょうね。

撮りたいときに、息子を収めるだけで、充分じゃない。
そうですね。

ありがとうございます。

赤ちゃん、楽しみですね!
サトルさんの撮る赤ちゃんが、今から待ち遠しいです。

ありがとうございます。

みんな、どの赤ちゃんも、無事に大きくなれ。

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kazeoto220

Author:kazeoto220
はじめまして。

あなたが、ただいまをいうところは、ありますか?

写真を撮るのが好きな、風音(かぜおと)と申します。

日常の、小さな風景を、綴っていきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。